医師の免許を取るために

医師免許の取得方法

激務

医師の免許を取る方法について

医師の免許を取得するに当たっては、国家資格である国家試験を受けた上で合格して免許を取得することで初めて医者としてのスタートラインに立つことができます。合格率については高めではありますが、きちんと大学の医学部で6年間学んでおく必要があるため決して資格自体の難易度が低いというわけではありません。 試験の会場については、全国の主要都市の会場で行っています。首都圏の地域においては医師になりたい人の数が全体のおよそ3割を占めるため、会場を2箇所設けることが多いです。

医師免許取得について

医師免許は日本国内の国公私立医科大学を卒業し、国家試験に合格することで取得が可能です。国家試験受験までに、準国家試験とされる、OSCEやCBTといった教養試験機構が実施する実技試験を在学中に受験する必要もあります。慶應義塾大学の場合には、第4学年と第6学年の2回OSCE試験の受験が必須となっています。これらの試験は、新旧及び卒業の必須要件となっており、合格のために膨大な学習が必要となります。医師免許取得には、他の資格と異なり膨大な知識量が求められます。

↑PAGE TOP