医師に必要な保険とは

医師も保険に加入する

激務

医師のための保険について

医療は治療のために侵襲的行為をすることが多く、リスクを伴うものです。また患者の権利の向上とともに医療訴訟も増加しています。そのような中、医師が安心して治療に専念できるようにするために万一、賠償責任が生じた時に保険が適用されるようにした商品が増えています。保険の内容は勤務先の医療行為による損害のみを対象にするものから、アルバイト先の業務まで対象にするもの等様々ですので、医師自身が自分にあったものを選ぶのが得策です。

医師に勧める保険について

医師は人の生命を扱う稀有な職業であるため、業務中の行動に対して患者(遺族)から訴訟を受けることも少なくありません。医療過誤など明らかな誤りが無い場合でも、自身が被告とされることも珍しくないため、日ごろからなんらかの保険に加入する必要があります。訴訟は手術を積極的に行う外科系の医師に多く集中しています。末期症状に近い患者さんに対して、手術を行うことが多いことから、死亡リスクが高いためです。請求額が高額となることも珍しくないため、自身の執刀数に応じた保険を掛ける必要があります。

↑PAGE TOP