医師の仕事は激務である

医師の激務に関して

激務

医師が激務なのはなぜか

医師が激務であるのは患者の話に丁寧に耳を傾け、その患者に合ったケアを行わなければならないからです。また、患者の家族や業務に関係のある人々とのコミュニケーションをたくさん取らなければならないからです。加えて、自分の専門分野の研究やあらゆる勉強をしなければならないので医師は激務に陥りがちです。結果、当人が心身の状態を悪くし、患者に対して安定的に医療サービスを提供する事が出来ないというケースが少なくないです。

激務なのが当たり前の医師の生活

「住民票を病院の住所にしたほうがいいかもなあ」と救命センターに勤務する医師が話しているそうです。家にいる時間よりも病院にいる時間のほうが何倍も多いからです。着替える時間がなかったから、スクラブという外科系や救命センターなののスタッフがよく着ているTシャツタイプのユニフォームの上にコートを着て、飛行機に乗って海外の学会に行った、という医師もいます。これらのエピソードから、激務を物語っていることが感じ取れるでしょう。しかし、どこの病院も全部というわけではありませんので、選び方も重要でしょう。

↑PAGE TOP