医師が円滑に仕事を行うため

医師の激務さを改める

激務

医師の激務状況を改善する

激務で医師としての活動に忙しさを感じているときには、決定的に不足しているものがあります。医療行為の円滑化を図るために、周囲との連携を行うことです。これなくしては暇であると大半が認識する作業でも忙しくなるのは明白ですから、一人きりで全てを抱えることがないような組織を作る必要があります。しかしながら、実現のためには行き当りばったりの考えを適用することを避けるべきです。行動指針をより具体化させてこそ、医師の激務状況の改善が図れます。キーパーソンとして挙げるべきは、医療機関の事務職員です。患者が受診するべき科を見定めて医療行為を受けさせる玄関口となるのですが、彼らは作業中の判断基準を求めています。ある症状を持つ患者なら特定の科に誘導するといったように、あらかじめインプットしておく必要がある情報量が業務の正確性を決めます。その基準を医師が伝えておけば患者各々が適切な科を受診できるので、激務状態は緩和します。

仕事はどれほど激務なのか

医師と聞いてどの様なことを想像しますか、人を助ける、かっこいい、頭が良い、激務。様々あるのではないでしょうか。今の仕事に満足で来ていない、自分の想像していたものと違っていると思っている方は多くいるのではないでしょうか。今の仕事に満足していますか。せっかく医師になったのに激務過ぎて自分の想像していた人物像とかけ離れてしまっているといったことはないでしょうか。自分のなりたかった像をもう一度思い出し、自分の理想とする先生になるためにも自分に合った病院や勤務先を見つけることがまずは大切ではないでしょうか。自分を変えたい、今の勤務先に満足していないと思われている方、若いうちに、早期に、年齢を重ねて激務がつらくなったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ネットで検索して今の自分に合った勤務先を見つけませんか。自分のせいかを豊かにできるのは自分です。自分を変えることが出来るのは自分です。今の自分を見つめなおしてみましょう。

↑PAGE TOP