医師もアルバイトが可能

医師の気になるお給料

激務

どうして医師はバイトするのか

皆さんの持つ医師のイメージは、お給料もたくさんもらえる職業といった感じでしょう。しかし実際はそうでもなく、大学病院の医長と言う肩書きでも1000万円に満たない給与なのです。金額を聞くと多く思うでしょうが、大学での勉学した期間も長く、昼夜関係なく働く、命を預かる仕事としては安いと思いませんか。ですから、大学と関連のある病院にアルバイトとして外来診療をすることもあります。もちろん若い研修医に至っては月給が15万に満たない国公立大学病院もあります。また大学院生をしながら大学病院で勤務や研究をしている医師達は更に授業料も必要ですから、アルバイトで生計を立てているというわけです。一般病院の勤務医であれば、そこそこの収入が見込めますが、激務であったり夜勤もあり忙しく休みは中々取れません。現在開業する若い医師が増えていますが、開業医は収入もよく夜勤の拘束がないというメリットもあり希望者が増加しているというのが現状です。

アルバイトをして給料アップ

医師がバイトするの、と驚かれる方もいるのではないでしょうか。研修医期間中はお給料が少ないために仕方なくしてるという方やキャリアアップをしたくてなど、いろいろな事情があってのことではないでしょうか。また、年を重ね、長時間の勤務はつらくなったという方でバイトという形に切り替えるといったことも考えられます。自分の身体のことを考え、今後の働き方を考えるのは大切です。医師の資格をせっかく持っているのですから、いいお給料をもらいませんか。自分の技術や知識を生かせて、身体にやさしい勤務先を探しましょう。もしくは今の仕事にプラスしてキャリアアップを目指したい方、休みの日に、空いた時間に少しだけ、別の勤務先で働いてみませんか。今のお給料に満足していない方、バイトで働いたほうが高いお給料をもらえるといったことも多くあります。様々な理由で今の状況に満足していない方、一度チェックして、早い段階で自分に合った場所、働き方を見つけましょう。

↑PAGE TOP