医師は服装が肝心である

医師に重要な服装とは

激務

医師の服装の重要性について

医師の服装は非常に重要なものです。患者やその家族等が不快を感じるものであればハイレベルの医療サービスを提供する事が出来てもその人は患者等から信頼や信用を得る事が出来ないのです。服装がしっかりとしていればその医者に対して安心感を持つ事が出来ます。着るものが医療の現場にふさわしいものでなければその医師だけではなく、医療機関が信頼を失い、病院の経営が難しくなる危険性があります。身だしなみはとても重要なのです。

近年変わってきた医師の服装

ドラマでは、ドクターコートと呼ばれる長めの白衣の前を全開にして歩く医師が登場しますが、大きな病院でこのような服装で歩くと、厳しく叱られます。また、近年はYシャツにネクタイをしてその上にドクターコートという服装はほとんど見られなくなりました。その理由は、ネクタイはたまにしか洗わないので、意外と黴菌がたくさんついていることが判ったからです。そして、近年医師がよく着用するようになったのが、スクラブと呼ばれるTシャツタイプの服です。ブルーや紺、黒、緑、ワイン色、ピンクなどを着用している人が多いです。外科系や救命セ

↑PAGE TOP