医師に関係する法律は

医師が学ぶべき法律

激務

医師と法律の関係について

医療行為を行うための資格が必要ですが、常に人命に関係した状況にあります。そのため医療行為は厳格な法律で規定されています。具体的な法律は医師法と呼ばれています。つまり、どのような状況での医療行為が違法なのかを常に考えていると言うことです。ただ、患者を診なければならない状況において、そのことを考えている人は多くありません。目の前の命を救うことに一生懸命になっているからです。それが医療や医師の本質でしょう。

医師に関する法律とは

一番大きくかかわるのが、医師免許の有無でしょう。これがあれば、当然医療行為が出来ますし、無資格で医療行為を行うのは立派な法律違反です。最も目指すためには、それこそ大変なものです。六年間医学部の大学に通い、国家試験に合格して、臨床研修を積んで、ようやく一人前になる。それでも、医療ミスは出るものですので、無資格者が医療行為を行うのは論外です。そのための法律があるわけですから、患者もきちんとした病院や医師を選ばないといけません。

↑PAGE TOP