医局の年金について学ぶ

医局勤務で必要な知識

激務

医局勤務での年金に関して

医局に勤務したい場合、必ずと言っていいほど知る必要があるものがあります。それは受給できる年金です。国公立に勤めているか、私立に勤めているかで種類が異なります。国公立の場合は共済に加入する事になり、私立や企業に勤めている場合は厚生に加入することになります。医療の世界では単身異動というのは当たり前です。県内での異動や初めての場所への異動もあります。そんな医局を異動しても、共済でも厚生でも年金は継続して受給されるので安心出来ます。

医局に配属されると年金も上がる

医師になると、医局というものに配属されます。そして、配属されると、年金を将来もらえるようになります。しかし、絶対に入らなければならないというものではありません。仮に入った場合、性格の悪い上司に目をつけられる可能性もあるのです。だから、個人でのんびりとやっていく医者もいます。医局に入った場合、年金を受け取ることだけがメリットではありあせん。医師の間の仲間同士で患者さんに対する情報交換をしたりできます。これは、よりよい医療を行える良いチャンスなのです。

↑PAGE TOP