医師に必要な英語の力

医師は英語は必要

激務

医師の仕事には英語能力が必要

病院などの医療現場では、国籍を問わず毎日多くの患者さんが来院します。中には日本語が分からない患者さんが来院する場合もあります。そんな時に患者さんが診てもらいたい部分や痛みの程度などをよく理解して、適切な処置を行うためには医師が英語を話せることはとても重要です。また、新たな知識や技術を習得するためには、英語を見たり聞いたりしてもすぐに内容を理解できることが大切です。アメリカなどの諸外国で新たな医療技術や研究結果が出た際に、いちいち翻訳して内容を理解するよりも、英語能力があればよりスムーズに新たな知識や技術を学ぶことができます。日本の医師免許を取得するための国家試験では、外国語能力のテストは排除されています。そのため、語学力があまりない場合でも医療についての知識や技術があれば免許が取れるため、日ごろから語学の勉強をしようという気持ちが薄れてきてしまいます。先進国として、語学力を身に着けて医療の現場で役立たせることは必要不可欠です。

欠かせない英語力について

今は、世界中で英語が使われるのが当たり前になっています。ビジネスでも学校でも、日本の小学校でさえ授業をするべきかの議論が出ているほどです。医療界の医師も例外ではありません。地域にも寄りますが、実は日本にもたくさんの外国人が住んでいます。また諸外国からの観光客も年々増えています。そのため、医療現場でも英語が必要なのです。さらに、東京オリンピックが開催されるのを見据え、これからますます需要が高まっていくことが予想されます。医師はもともと論文や学会での発言など英語で行うことも多く、慣れていると言えます。あとは、コミュニケーション能力をあげ、患者さんとして接する時にどのように会話をしていくかのスキルを磨いていけばさらによいです。病気や怪我で病院を訪れる患者さんもより安心するでしょう。医療はやはり独特で、特殊な言い回し等もあるため、できれば講習などを開催し、みなで勉強できる場を設けられると全体のスキルも上がり、意思も統一できます。

↑PAGE TOP